神のために働く コリント一3:1-9

 <アポロは何者か。また、パウロは何者か。この二人は、あなた方を信仰に導くためにそれぞれ主がお与えになった分に応じて仕えた者です。わたし(パウロ)は植え、アポロは水を注いだ。しかし、成長させてくださったのは神です。>

 コリントには、大きな教会が一つあったのではなくて、いくつかの小さな集会場所(家の教会)があったのかも知れません。熱心に集まり、熱心に奉仕し、熱心に献げ、熱心に語り、議論し、伝道していたのではないかと思われます。それだけに、行き過ぎや行き違いも多く、さまざまの混乱を来たしていたようです。「お互いの間にねたみや争いが絶えな」かった。「ねたみ」(ゼーロス)は、「熱心」とも訳される語。英語のzealjealousyは、この語からきている。熱心は、方向を間違えるとねたみにもなる。

教会のリーダーシップの問題が深刻な様相を呈していたと思われます。パウロのような偉大な人物によって創設された教会であるにもかかわらず、ある意味で、リーダーシップが確立していなかった。ある者は「パウロにつく」、ある者は「アポロに」、ある者は「ケファに」、またある者は「キリストに」つくと言っていたというのです。

 後代になり教会の制度化が進み、ピラミッド型の体制(カトリック化)が確立するはるか以前の教会の姿がここにあると言えます。上からの命令とか組織の締め付けとかいったものによる統制とはおよそ無縁の、それこそ何でもありの世界がそこにあった。ある意味で、みんなが勝手なことを言ったりしたりできる自由さがあった。現代の風俗になぞって言うならば、集会場所のちょっとした金持ちの家に、茶髪がやって来たり、ホームレスがやってきたりもした。進歩的な女性もいたし、理論家の男性もいた。そういった混然とした集まりではなかったと、コリント書を読んで、想像します。

 そもそも教会とは、そういうところだった。そういうところで、福音が語られたということではないでしょうか。その群れに向かって、パウロは、「アポロとは何者か。また、パウロとは何者か」と書いている。雑然とした中で、人々がリーダーを求めるのは当然の成り行きです。ある人はアポロを、ある人はパウロを担ぎ出す。しかし方向を誤ると、いずれ力のある人間の支配が始まる。ボス的な人物が采配をふるいだす。そうなったとき、教会はもはやキリストの体なる教会ではなくなってしまう。

確かに教会の形成において、ある人が植え、ある人が水を注ぐ。だれにでもできる仕事ではない。しかし、彼らとて、パウロが教会の信徒たちを「兄弟たち」と呼んでいるように、人間として同等の兄弟たちの一員であることに変わりはないのです。人々を「信仰に導くためにそれぞれ主がお与えになった分に応じて仕える者」なのです。こういったパウロのことばは、彼の本質的な謙虚さ表しています。パウロは、「そちらに行ったとき、わたしは衰弱していて、恐れに取りつかれ、ひどく不安でした」などと弱音とも取れるようなことばを発しているのを聞くと(2:3)、なぜパウロともあろうお方が、教祖様か何かのように威厳を張って上から言わないのかと、そんなふうにはもちろん思いませんけれど、ちょっと言ってみたくもなります。しかし教会には、人間的支配、ボス的支配は不要なのです。「大切なのは、植える者でも水を注ぐ者でもなく、成長させてくださる神です」。「神のために力を合わせて働く者」となるために、ほんとうに謙虚にされたいと思います。 

010211

HOME  説教要旨目次