日本最北端の旅 2000年秋


地蔵岩
Praying Hand


前方に利尻の島影


礼文島を後にして


◇わたしたち牧師夫婦は、「夏休み」をいただいき、先日、(2000年10月)12-14日に、遠くに行ってみたい思いにかられて、日本最北端稚内・宗谷、利尻島、礼文島へ行ってきました。宗谷を少し下ったところで、100坪の土地を無料で提供するので来て住んでくださいというところがあると聞きました。海も空も原野も広々とした素晴らしい所です。「何もない」というのがほめことばだと聞きました。◇旧樺太・サハリンが遠くに見えました。地名に残るアイヌ語に感ずるものがありました。「カムイ パホリカ アーホイア」は、「神さま、わたしの願いを聞いてください」というアイヌ語の祈りです。◇写真、垂直に伸びる珍しい岩は、礼文島で見ました。地蔵岩と呼ばれています。わたしは勝手に、praying hand 「祈りの手」と呼ぶことにしました。国境の地の切々とした祈りが聞こえてくるように思いました。(朝山正治)

HOME アルバムのトップへ