「来なさい」と言われたので  マタイ14章22−33節
のぞみ・めぐみ講壇交換 荒瀬牧彦牧師

皆さんは、この時のペトロをどう見るでしょうか。"主イエスが水の上を歩いて来られたのだから自分も歩いて主のもとへ"なんて調子に乗り過ぎでしょうか。実際、途中で溺れかけるのだから、悪いお手本なのでしょうか。そうではない、と私は思います。ペトロは、弟子(教会)がなすべきこと、つまり主に従うことを申し出たのです。キリスト教信仰とは、困っている時にイエス様が来て助けてくれた、ありがたい、で終わるものではありません。イエス様は「わたしに従ってきなさい」と言われたのです。教会は主に従い、主の働きを続けていくために立てられました。ペトロのしたことは正しいのです。彼は「自分の力でもできる」と思ったのではなく、「主が命じてくれれば、その言葉によって私は主のもとへ行ける」と信じたのです。

教会は主イエスに従うものです。イエス様は「汝の敵を愛せよ」と我々に命じましたが、これなどは水の上を歩くよりもっと困難ではないでしょうか。「左の頬をも向けなさい」?だれがそんなことできるでしょう。しかし、主はそれを十字架の上でなされました。愛し得ない者を愛されたのです。ならば我々もペトロのように「主よ、わたしに命令して、あなたと同じことをさせてください」と願い出るべきなのです。

主イエスはペトロに秘術を授けませんでした。ただ言葉を与えらえました。「来なさい」とひとこと。それで十分でした。自分はできるだろうか、信じ通せるか、失敗したらどうしようになどと考える必要はありませんでした。ペトロは「来なさい」という主の言葉にすべてを委ねて舟からおりたのです。この時のペトロはすごい!「幼子のようにならなければ天の国に入ることはできない」というその幼子になりきったんだなあと思います。主イエスの存在、その言葉に集中し、それだけみつめて進んだ時、本当はできっこないことを、彼はしていました。「敵を愛する」ということを言いましたが、これは我々には本当はできないことです。愛しがたいものを愛するなんてできない。教会の屋根に十字架をかかげていても、自分が十字架を負ってまで愛することなんてできない。それが正直なところです。でも、「来なさい」と主イエスは招いておられます。そして「来なさい」が響いている時、できないはずのことができる。自分の力ではなく自分を越えた力によって・・・。すごい招きですね。

もちろん、ペトロは途中で強風に気を奪われ、主への集中からそれてしまいました。そしてズブズブ・・・。さっきまでと何という違いか。人は短時間にこんなに変わってしまうものなのか。純粋な信仰のペトロと、不信仰のきわみのペトロ。その両方がここにあります。これは「こうならないようにしましょう」という例でしょうか。違います。これが信仰者なのです。揺らぎのない信仰などありません。信じられないという悲鳴を知らない信仰はありません。振幅のない信仰があったとすれば、それはロボットの信仰です。生きている人間は、振幅の中を主に従っていくのです。信じながらふと疑いにとらえられるのが信仰者なのです。そして、疑いによってどぼどぼと沈んでいきながら、「主よ、助けてください」と叫び、主につかまえられ、引き上げられる。それが、主に従っていく道なのです。

主に信頼して舟から歩み出したペトロも、疑いを抱いて水に沈み始めたペトロも、どちらも主の「来なさい」という御言葉のもとにおかれています。良いときの彼も悪いときの彼も、その御言葉によってささえられて主に近づいているのです。信頼も疑いもひっくるめて、主は一人の人間を主のもとに招かれているのです。踏み出しましょう。


HOME  説教要旨目次