ゴー・イン・ピース マルコ福音書 5:21-43

 「汝の信仰、汝を救えり。安らか往け。」

 キリスト教の学校に学びそこで聞いた忘れがたい聖書の言葉の一つである。いま心の中で復唱しても、しびれてしまう。「安らかに行け」のところは、英語では、「ゴー・イン・ピース」(”Go in peace!”)。いいなぁ、ありがたい、としみじみ思う。

念のために文語訳聖書を開いて見る。<イエス言ひ給ふ『娘よ、なんぢの信仰なんぢを救へり、安らかに往け、病いえて健やかなれ』>

 そう。「娘よ」という、パーソナルな呼びかけがある。

 女は、「群集の中に紛れ込み、後ろからイエスの服に触れた」のであった。

十二年間も出血が止まらず、方々の医者にかかり、できることは何でもし、財産も使い果たしたが、ますます悪くなるばかりであった。穢れた病気ということで世間からも白い目で見られ、人前に自由に出ることもできない。希望のない生活に、心身いまや最悪の状態にあった。

その時、イエス来たる、のニュースを聞いたのである。彼女は、われを忘れて、閉じこもりの家を飛び出し、人ごみの中へ入って行き、イエスに近づいて行ったのである。「群集の中に紛れ込み、後ろからイエスの服に触れた」ということばに、きょうこそイエスに近づき癒していただきたい切実に願いながらもなお周囲を気にしないではおれない気弱な彼女の姿が非常によく出ているように思う。必死の思いで、しかし、こっそりと、彼女はイエスの服に触れたのである。<この方の服にでも触れればいやしていただける」と思ったからである。>

触れた瞬間、彼女は、出血が止まり、病が癒されたことを体に感じた。そしてその時、イエスは、ご自分の内から力が出て行くのを感じられたのである。わたしの心が震えるのは、ここからである。イエスは、<群集の中で振り返り、「わたしの服に触れたのはだれか」と言われた」のである!

具合の悪い体を引きずって群集の中に入り込み、人を掻き分けイエスに近づき、後ろからその服に触れた。精一杯の勇気だった。恵みを盗んで行ったとしても、それはそれでいいのではないか。なぜ、群集の前で、今わたしに触れたのはだれかと言って女を困らせることがあろうか。<弟子たちは言った。「群集があなたに押し迫っているのがお分かりでしょう。それなのに、『だれがわたしに触れたのか』とおっしゃるのですか。」> 

弟子たちは、一人の人間が、マスの中の人間としてではなく、一個の人間としてイエスの前に自らを現し、真正面からイエスに出会っていただくことの重要性に充分に気がついていないかのようである。イエスとの出会いを妨害しているのである。ああ、われわれも同じ事をしてはいないだろうか。

 イエスは、なおも、触れた者を捜してあたりを見回された。女は、震えながら進み出て、すべてありのままを話したのである。ハレルヤ!ですね。<イエスは言われた。「娘よ、あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい。もうその病気にかからず、元気で暮らしなさい。」>

 「あなたの信仰」とは、この物語のどこを見られるのか。群集の中へ入って行った熱心、勇気。イエスに近づいていった執拗さ。衣に触れる信心深さ。それらすべては、信仰のひとつの現われではないだろうか。しかし、イエスの呼びかけに応え、その前に名乗り出るのでなければ、ほんとうの信仰にはならない。「娘よ」と呼ばれた主は、わたしたち一人一人をパーソンとして捜しておられる。イエスとのパーソナルな出会いがなければ、信仰の出来事は起こらない。群集の一人としてではなく、パーソンとしてイエスの前に進み出よう。イエスは、あなたを見つけようとして、見回しておられる。
2002/04/07
HOME  説教要旨目次