手をとって起こす マルコ福音書 5:21-43

「わたしの幼い娘が死にそうです。」
 ヤイロは、イエスの足もとにひれ伏して、必死に訴えた。
 「どうぞ、おいでになって手を置いてやってください。そうすれば、助かります。生きます。」

 彼は、イエスが舟で戻って来られたのを聞きつけ、一刻を争ってやって来たのだ。イエスを取り囲むおびただしい数の群集も、目には入らなかった。イエスただお一人を目指して、近づいて行った。娘が死にそうなのだ。

 イエスは、ヤイロと一緒に歩き出された。

 しかし、その道行きは思わぬ出来事で大いに遅滞することになる。先週読んだ十二年間長血を患い苦しんでいた女性の治癒の大挿入物語が入るのである。この長血の女性も、必死である。群集の中に紛れ込んで、イエスに近づき、後ろからその服にさわった。そして、出血が止まり、病気が癒されたことを体に感じたのである。その時、イエスは辺りを見回し、わたしの服に触れたのはだれか、と言われたのであった。女は、群集の中から姿を現し、震えながらイエスの前に出て、すべてをありのまま話した。

 「わたしの服に触れたのはだれか」と辺りを見回してイエスが言ってくれなかったら、彼女は、何事もなかったかのように、ひそかに幸運を喜びながら、群集に紛れ込んで帰って行ったことであろう。しかし、それはそれだけのことである。永遠の命を賜るイエスとの出会いは、ついに起こらなかったことになるのである。幸いなことに、彼女は、イエスの問いかけに意を決してイエスのみ前に進み出たのである。真正面からイエスと向き合うことができたのである。その時、イエスは言われた。「娘よ、あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい。もうその病気にかからず、元気で暮らしなさい。」

 イエスは、群集を相手にしておられるのではない。群集の中の一人一人を捜しておられるのだ。一人一人はパーソンとして、群集の中から、イエスの前に出て行くのでなければならない。いや、イエスとの出会いにおいて、一人一人は、生まれて初めてパーソンになるのである。新しい人間になるのである。長血の女性がそうであったように、きょうのヤイロもその一人であった。彼は、会堂長であった。群れの指導者であった。しかし、いま、地位や肩書きは彼にとって何の役にも立たない。彼は、一個の無力な人間として、イエスの前に立ったのである。生まれて初めて、彼は、パーソンになったのだ。一個の、人間になったのだ。

 しかし、何ということだろう。思わぬ遅滞のせいであろう。ヤイロの家から最悪の知らせが届いた。
 「お嬢さんは亡くなりました。」
 一縷の望みを完全に断ち切る死の知らせである。「もう、先生を煩わすには及ばないでしょう。」

 さて、物語がここで終わるのであれば、われわれの信仰は、空しい。しかし、それは聖書の信仰ではない。われわれの信仰ではない。われわれの信仰は、終わりから始まる復活の信仰である。会堂長に「恐れることはない。ただ信じなさい」と言われたイエスこそ、「道であり、真理であり、命である」(ヨハネ14:6)。イエスにおいて、「死は勝利にのみ込まれた」(コリント一15:54)。命は、死よりも強いのである。
 コリント二
4:1-15をゆっくり読んで結びとしたい。

 タリタ、クム! ゴー・イン・ピース!
2002/04/14
HOME  説教要旨目次