五つのパンと二匹の魚 マルコ福音書 6:30-44

 イエスが五つのパンと二匹の魚で五千人を養ったという聖書の話は、少しでも教会に通ったことのある人ならだれでも知っている話である。ちょっと気になるのは人数のことだが、「パンを食べた人は男が五千人であった」と書いてあることだ。女性は数に入っていない。さらに、ヨハネ福音書によると、パンと魚を提供したのは少年であるが、彼も数に含まれていないのかも知れない。つまり、人数に入っていない人間が、実は歴史の隠れた主役である、ということを見ておきたい。夜の星は、昼間は見えない。そのように、歴史の半分は、見えない人々によって作られている。

 さて物語は、十二使徒たちが「宣教実習」の旅から戻ってきたところから始まる。<旅には杖一本のほか何も持たず、パンも、袋も、また帯の中に金も持たず、ただ履物は履くように、そして「下着は二枚着てはならない」>と命じられて出て行った実習の旅を終え帰ってきた彼らは、頬を紅潮させて、<自分たちが行ったことや教えたことを残らず報告した>のである。そしていま、イエスが空腹の群衆を見て、弟子たちに、「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい」と言われると、<弟子たちは、「わたしたちが二百デナリオンものパンを買って来て、みんなに食べさせるのですか」と言った。>というのである。これでは、せっかくの「実習」が、無意味になってしまう。

 イエスは、パンはいくつあるのかと問い、捧げられた五つのパンと二匹の魚で「五千人」を養う奇跡を行われた。重要なのは、<パンの屑と魚の残りを集めると、十二の籠にいっぱいになった。>というくだりである。実習の仕上げとして、イエスは弟子たちに、残りが十二の籠にいっぱいになったことを見せられたのである。十二は、イスラエルの十二部族の数である。そして、それは新しい神の民イスラエル、すなわち全人類を表している。パンがない、金がない、と言ってはならない。何も持たないあなたがたにこそ、全人類に仕え、人々に必要な霊肉の糧を配り与える務めが、委ねられているのだということである。教会はまさに、十二弟子たちに委ねられたこの務めを継承するものとして、この世に立てられていると言わなければならない。

 ところで、イエスの奇跡は、いかなる状況においてなされているであろうか。<イエスは舟から上がり、大勢の群衆を見て、飼い主のいない羊のような有様を深く憐れみ、いろいろと教え始められた。>とある。イエスの宣教は、この深く憐れまれたという一点から発している。この憐れみは、上からの同情ではない。原語は、内臓を意味し、ひとの痛みや苦しみをわが事として共有することを意味する語である。汚れた霊に取りつかれて叫ぶ男に、「黙れ。この人から出て行け」と叱りつけて癒される話など、人間の絶望や悲しさを深いところで受け止めてくださった方の物語である。

中国・瀋陽の日本総領事館に亡命を求めて駆け込んだ女、子供が、中国の警察官たちによって領事館の外へ引きずり出されるのを、突っ立って眺めている領事館員たちを見ていると、そこには弱い人間の痛みや叫びに反応する人間らしいハートのかけらもない。人間がない。実に悲しい。怒ることも、泣くことも、驚くことも、うろたえることもない。ご立派。何が起こっても、自分とは別世界のこととして距離を置いて眺めることができる特性を備えているようにさえ見える。involveされないのである。巻き込まれない。関与しない。どこ吹く風かの態度なのである。

何も持たない弟子たちにイエスは、「あなたがたが彼らに食べ物をあたえなさい」と命じておられる。持てる者が上から与えるのではない。involveされるのだ。痛む者、飢える者と共に痛み飢えるところに起こる奇跡に、共に与かるのである。 

                                             2002/05/12      
HOME  説教要旨目次